長時間のフライト(機内編)

多賀城市ヨガティーチャーのYukoです。

 

もうすぐGW、海外旅行へ行かれる方もいるかと思います。
私の体験をもとに、オススメの過ごし方やエコノミー症候群、時差ボケ防止などの方法をお伝えします。

数年前まで私はNYに住み、日本とNYを年に数回往復していました。

フライト時間は12-14時間と、とても長いフライトです。
機内で快適に過ごして、旅先に到着したら元気に活動行動し、旅が終わって日本に帰国したら時差ボケがおきないよう、

私が工夫したことをお伝えします。

少しでも、皆さんの快適な旅の参考になりますように。

 

1、体を締め付けない服装

  特にお腹周り、そけい部(足の付け根)は締め付けないようにしましょう。

  ゆったりめの服装をおすすめします。

  長時間座った状態でいると、特に足の付け根が圧迫されて下半身の血流が悪くなります。

  私はゆったりワンピースやチュニックに、ゆったりレギンスを合わせていました。

 

2、飛行機に搭乗したら、現地(到着地)時刻に合わせて過ごす。(時差ボケ防止)

  飛行機に搭乗したら時計を現地時間に合わせて、フライト中もできるだけ現地時間に合わせて過ごしましょう。

  例えば、日本を夜に出発して現地が昼間だったら、できるだけ起きて過ごしましょう。

  その逆で、現地が夜だったら眠くなくても目を閉じて休んでおきましょう。なぜなら到着したら時差の分、昼間の時間が長くなるからです。

  時差ボケの予防になります。

  日本に帰国する時も、旅先から飛行機に乗ったら日本時間で過ごす事をおすすめします。

  

3、水分をこまめに補給する。

  飛行機の中は意外と乾燥しています。

  フライト中の水分補給はとても大切です。同じ体勢で足の付け根を長時間圧迫し、おまけに水分不足で血液ドロドロ状態。

  エコノミー症候群を予防するためにも、血液は常にサラサラ状態を保っておきましょう。

  狭い機内で悩むのがおトイレ問題です。トイレに行く回数を減らすため、水分補給を躊躇する方がいるかと思います。

  家族や友人同士だったら気兼ねなくトイレに行けますが、例えば窓側の席で、隣が知らない人だと中々トイレに行きにくいのが現実。

  でも、そこは自分の体が一番大切です。こまめに席を立ちましょう!
  そして、隣の人のエコノミー症候群の予防になります。(笑)

 

4、機内でカフェイン、アルコールは控える

  私はフライト中はリラックスして過ごすため、機内ではカフェインは取らないようにしていました。

  また、眠るためにワインなどアルコール類を飲む事もあまりおすすめしません。

  国際線は約10,000m上空を飛行します。当然、気圧も変化し人体にも影響があります。

  機内で飲酒すると酔いが早いとも言われます。過剰な飲酒もエコノミー症候群の要因になるのでほどほどにしましょう。

 

5、機内にスリッパor厚手の靴下orレッグウォーマーを持参

  機内は足元が冷えてきます。窮屈な靴は脱いでスリッパに履き替えることをおすすめします。

  また、ふくらはぎが冷えると、足のむくみやだるさの原因につながります。

  厚手の長いソックスやレッグウォーマーはおすすめです!

  ふくらはぎは冷やさない!!

 

6、時々通路を歩く(上記イラスト参照、トイレ待ち編)

  少しでも足が重くなってきたら、通路を歩いたり、お手洗いを待っている間に簡単ストレッチをしましょう。

  こまめに行うことで、足のむくみ、疲れ予防。エコノミー症候群の予防につながります。

  1、足踏み運動

    ももをおヘソの辺りまであげて、大きく足踏みして、体全体の循環をよくして行きましょう。

 

  2、前もも伸ばし

    片足を後ろへで持ち、前ももを伸ばします。できれば膝は下の方へ向けると、さらに伸びを感じます。

    ついでに足も後ろで持つ事で、肩や背中のストレッチにもなります。

 (注意)これらのポーズを行う時は、周りの方の迷惑にならないように行いましょう。

 

7、足ヨガをする(イラスト参照、座席編)

  中々座席を立てない時は、座席でできる足ヨガをしましょう。

  お隣さんの迷惑にならないように、注意して行ってください。

  1、足首を曲げる、伸ばすを数回繰り返す。

  2、足首を回す。足指グーパー。

  3、足を組んで上になっている足を上下に動かして、ふくらはぎをマッサージする。

  4、膝の裏をマッサージする。

  5、前ももをさする。

  6、腰をゆっくりねじる。

 

長時間のフライト(機内編)、足ヨガ(座席編)

番外編

あるといいもの。

私は首周りが弱いため、ネックピロウは必須でした。

長時間の同じ姿勢は体に大きな負担をかけます。

起きたら寝違えて首が動かない!なんてこともありました。

 

できるだけ快適に過ごせるよう工夫して、楽しい空の旅にしましょう!

 

今回は少し長い記事になりました。

この対策方法は私が長い間、NYと日本を往復していた時に行っていた方法です。

みなさんの何かお役に立てますように。

良い旅を!Good Trip!!