脚の筋力アップ1(前もも編)

多賀城市ヨガティーチャーのYukoです。

皆さんから「お家でもヨガをしたい!」けど、クラスでやったことを忘れちゃう!と言う声を頂き、

今回、新しいページを増やしました。

このページは生徒さんの声やリクエストがあったものを優先して掲載しています。

ヨガに特別な技術は必要ありません。

普通の生活の中に、日常の動作、当たり前の動きを維持する力をキープしていきましょう。

 

本日のテーマ

「長期入院、療養などで弱った脚の筋力UP」

今回は前ももの筋力アップです。

前ももの筋肉は足を前に振り出す力を担っています。

私たちはももを前に振り出すことで、歩くことができます。

この筋力が弱ると、歩幅が小さくなったり、ちょっとした段差もつまずきやすくなります。

 

療養中に落ちてしまった筋力を元の状態、またはそれに近い状態まで戻していきましょう。

 

(やり方)

1、転倒しないように、壁や椅子を支えに立ちます。足は腰幅にすると安定します。

2、息を吐きながら、ゆっくり膝を曲げる。

  (かかとが床から浮かないギリギリの所まで膝を曲げてみる。)

3、吸いながら、膝を伸ばす。

  これを5-10回位、好きなタイミングで行ってみるのもおすすめです。

 

(チャレンジ)

ももにペットボトルや、厚めの本を挟むことで内ももの筋力も一緒に鍛えることができます。

 

病気や怪我などで長期寝たきりになったり入院した後、退院し帰宅後、動くことが億劫になってしまう場合あります。

入院前の方が元気だった!

退院してから外に出なくなった。などのお話を聞くことがあります。

 

退院して元気になったはずなのに、なぜ?

もしかしたらそれは、QOLの低下が(生活の質)原因かもしれません。

焦らずに少しずつ筋力アップしていきましょう。

 

 

(注意)

治療中の方は主治医に確認してから行うようにしましょう。

膝に痛みある時は無理に行わないようにしましょう。

転倒が心配な時は、誰かそばについてもらいましょう。