低気圧と体調不良との関係

多賀城市のヨガティーチャーYukoです。

 

今日は生徒さんと梅雨の体のダルさについてのお話で盛り上がり。

気がつけば大幅に時間をオーバーしてしまいました。

 

最近、何となくダルいよね…と言う話題から「つゆダル」について書いていきたいと思います。

そもそも何故、梅雨の時期って体がだるくなるのでしょう…。

 

お天気が悪かったり、雨が降り低気圧になると、何となく体調が優れない、頭痛がする…という方も多いと思います。

 

そんな私も、頭がズキンズキン!!肩が張ってきたりします。
それには理由がありました。

低気圧になると、大気からの圧力が弱まるので、地上の空気(酸素)も、薄くなるそうです。
そう、知らず知らずのうちに、酸素不足になってしまうのです。
また、大気の圧力が弱まるので、体の血管の圧力も弱まり、血液の流れも滞りやすくなります。
また、副交感神経が優位になるので眠くなったりもします。(これが倦怠感の原因かも)

大気の圧力が弱くなると、血管は広がりますが、流す圧力が弱くなります。
例えるなら、大きな河を血液がゆーーーーーっくり、流れるイメージです。
でも、細い滝壺は狭い出口を目がけて、お互いを押し合って、思いっきり早いスピードで流れていきます。
(ホースの先をつまむと、水が思いっきり吹き出しますよね。)


スムーズに流すには、外からの圧力も必要となるのです。

そんな訳で、頭痛がしたり、肩こりがひどくなったり、体がむくんだり…何となくダルかったり…
酸素不足になるので、頭もスッキリしません。
自律神経は不安定になるので、めまい等を起こしやすくなる方も中にはいます。
低気圧はこんなにも体に影響するのですね。

低気圧を快適に過ごす方法は…
・深呼吸
・ゆっくり入浴
・リンパマッサージ
・軽い運動、ヨガ、ストレッチ等

オススメはやはり深呼吸です。
ヨガのクラスでも、低気圧の時はクラスのはじめの呼吸法をいつもより長く行います。
普段の生活でも、ゆっくり深呼吸してみましょう。
それから、ゆっくりお風呂に入る事もオススメです。

これから、爆弾低気圧や台風も多くなります。
その時は、深呼吸をしてたくさん酸素を体に取り入れていきましょう!

深呼吸に…
Namaste